母と子

乳児湿疹の原因は不衛生な環境から|清潔を保つことが大事

赤ちゃんの肌のために

手

適切な予防と対処

乳児はまだ肌が弱く、ちょっとしたきっかけで乳児湿疹が起こります。赤ちゃんは自分で症状を訴えることができませんので、大人がよく観察してケアをしなくてはなりません。乳児湿疹の原因は主に乳児脂漏性湿疹やあせも、アレルギーやアトピーなどがあります。乳児は新陳代謝が盛んなので皮脂がたくさん分泌され、それが毛穴に詰まることで湿疹を起こします。また角質もまだ薄いため刺激に敏感です。これがアレルギー反応やアトピーを誘発しやすい原因となります。では乳児湿疹を防ぐにはどうすべきでしょうか。大切なことはいつも肌を清潔にしておくことと保湿ケアです。汗をかいたら優しく拭きましょう。また乾燥していると感じたら、保湿クリームやローションを塗りましょう。

心強い助けになるもの

乳児湿疹に適切に対処するには、まず原因を突き止め、どのタイプの湿疹かを知ることが必要です。脂漏性湿疹やあせもの場合は、1日1回はお風呂で皮脂を洗い流してあげることが大切です。その際、低刺激性の石鹸を使うと有効です。また保湿クリームを使う際も低刺激のものを使いましょう。アレルギーやアトピーには薬の使用が効果的な場合がありますので、まず医師の診察を受けることが重要です。また、アレルギー対策として母親が卵や大豆や乳製品の摂取を避けると、赤ちゃんの成長に大切な母乳の栄養状態が悪くなる心配があります。そのような時には補助食品が役に立ちます。これを利用すればアレルギー反応を抑えながら栄養たっぷりの母乳を与えることができます。なお、上記のような低刺激石鹸や母乳の栄養のための補助食品を探すにはネット検索が便利で効率的です。乳児湿疹の原因をしっかり把握して、症状の改善に適したものを選びましょう。