母と子

乳児湿疹の原因は不衛生な環境から|清潔を保つことが大事

赤ちゃんの湿疹

赤ちゃん

赤ちゃんの肌はデリケート

生後3ヶ月頃の赤ちゃんによく見られるのが、顔や体に出る乳児湿疹です。赤ちゃんは肌が弱く、少しの刺激でも湿疹が出てしまいます。原因は様々ですが、良く言われることの一つが、皮脂の分泌によるものです。赤ちゃんは新陳代謝が非常に活発です。生後3ヶ月頃までは、母親の女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなります。しかし毛穴はまだ小さいので、皮脂が詰まりやすく、その結果乳児湿疹が起こりやすくなります。その他にも乾燥が原因の乳児湿疹にも注意が必要です。赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。初めて迎える冬の乾燥に耐えられない場合があります。その場合は、室内の湿度を上げる工夫をしたり、保湿効果のあるローションや乳液、ベビーオイルなどを塗ってあげると良いでしょう。

注意が必要な場合

乳児湿疹は、生後3ヶ月を過ぎると、徐々に治まってくる場合が殆どです。新陳代謝のサイクルが早くなり、女性ホルモンの影響が薄れてくるためです。きちんとしたケアはもちろん必要ですが、過剰に心配することもありません。しかし、ケアしていてもなかなか治まらない場合は注意が必要です。原因が、皮脂の分泌や乾燥ではなくアレルギーなどの場合もあるので、状態が悪化していると感じられたら、早目に医師に相談するのが最善です。赤ちゃんが成長してきて、手足を自由に使えるようになると、乳児湿疹を掻き壊してしまう場合もあります。そんな時は、乾燥が原因の場合が多いので、保湿を心掛けると良いでしょう。それでも掻いてしまう場合は、赤ちゃん用の手袋をはめてあげるのも一つの対処法です。