親子

乳児湿疹の原因は不衛生な環境から|清潔を保つことが大事

赤ちゃん

赤ちゃんの湿疹

乳児湿疹の原因の多くは、皮脂の分泌が多くなることによるものと、乾燥によるものなどが挙げられます。乾燥によるものの場合は、保湿が大切です。徐々に治まってくる乳児湿疹ですが、ケアをしていても肌の状態が悪化する時は早目に医師に相談しましょう。

子供の異変

眠る赤ん坊

赤ちゃんの肌はデリケートで、バリア機能が弱いので乳児湿疹が出やすくなります。初めての子供が乳児湿疹になった時、慌てる親御さんも多く何かの病気ではないかと疑ったり、湿疹跡が残るのではないかと心配されます。赤ちゃんの肌は、新陳代謝がとてもよく皮脂の分泌が良くなるためニキビができやすくなるのです。思春期に表れるニキビとは少し見た目が違う為に、判断がしにくいのですが、赤ちゃんの毛穴はとても小さくそこにたくさんの皮脂が分泌される事でニキビになるのですから、考えると当然の事の様に感じます。また赤ちゃんの肌は乾燥に弱いので、皮脂の分泌が落ち着いた頃には、乾燥性皮膚炎などになりやすく乳児湿疹として肌に現れます。

新生児に良く見られる乳児湿疹として新生児ニキビがありますが、この原因は皮脂の分泌が良すぎる為と、不潔な環境による原因とがあります。新生児は寝返りを打つ事が出来ず、同じ姿勢でずっと同じ布団に寝ているのですが、布団が綺麗でないとそれにアレルギー反応を示して乳児湿疹として現れます。乳児湿疹の対処法は、デリケートな肌の触れる事の多い布団や洋服などを清潔にする事が重要です。この際、洗濯洗剤によっても乳児湿疹の原因となる可能性があります。乳児湿疹によってできたかさぶたは絶対にはがさない事が大切です。かさぶたを無理にはがす事で、跡が残ったり更にひどくなる可能性もあります。乳児湿疹の原因を考える事で、早めの対処をする事が出来ます。

ベイビー

肌をきれいにする

乳児湿疹は永遠に続くものではなく、原因となる身体の老廃物が出てしまえば治ります。そのため、毎日、お風呂に入り、洗った後は石鹸の成分を完全に流すようにします。また、肌に優しい素材の服を着せ、肌に気を配ることで治ります。

手

赤ちゃんの肌のために

赤ちゃんは肌が敏感なので乳児湿疹が起こりやすいです。乳児湿疹適切に対処するには、まず原因を正しく把握することです。そして赤ちゃんの肌の清潔と保湿に充分注意してあげましょう。その際、低刺激の石鹸や保湿クリームなどを使うと効果的です。また、母乳の栄養状態を良くするための補助食品も有効です。